BKワインズ/スキン&ボーンズ ホワイト 2015

BKワインズ スキン&ボーンズ ホワイト 2015
BK Wines Skin & Bones White 2015

サヴァニャン 98%、シャルドネ 2%

深い赤色粘土層の上に砂混じりの石灰層。除梗された後、ステンレスのオープンファーメンターで25日間のスキンコンタクト。フレンチオークのパンチョンで12か月熟成。澱引き後ブレンド。醗酵は野生酵母。補酸はしていない。130ケースのみの生産。

豊満 かつ ふくよかで、生命力に溢れたスタイルとなった2015年。ドライシトラス、ハチミツ、白い花や煎られたナッツ類などを想起させるような野生的で強烈な香り。フィニッシュは石を想わせ、梨の皮の香りがいつまでも続き、活き活きとしたハーブを感じる長い余韻が楽しめます。

ワイナリーについて

ニュージーランド生まれのブレンダン・キースは、アルティザンなクラフトワインの造り手が集まる、今オーストラリアのみならず世界で一番ホットな産地、南オーストラリアのバスケットレンジで、その名声の一翼を担うに値する作品を産み出しています。
NZのギズボーンでワインメーカーとしての歩みを始めたブレンダンは、カリフォルニアに移り、かつてオーパス・ワンの醸造ヘッドを務め、その後ロシアンリヴァーヴァレーに自分の名を冠したワイナリーをスタートしたポール・ホブスの元でスキルを磨きます。その後2004年にはポールに乞われアルゼンチンのヴィーニャ・コボスの設立に参加しました。
また昨年秋には、Le Grappin(Andrew Nielson)とブルゴーニュでコラボしたガメイを醸造しました。醸造に立ち会ったChanterivesの栗山さんは「Brendon のプロフェッショナルな仕事ぶりには学ぶところが大きいです。SO2を最小限に抑えても破綻の無い作りで、あの品質を保てるのですから凄いです。」と絶賛しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です