BKワインズ/オヴム 2015

BKワインズ オヴム 2015
BK Wines Ovum 2015

ピノグリ100%

レンズウッド地区の畑、深い粘土層の上に石英混じりの砂質。全房のままプレスされ1800Lのセメントエッグで醗酵。そのまま9か月熟成します。醗酵は野生酵母。補酸はしていない。

ピュアで、丸みがあり、滑らかで輝くようなフェミニンな魅力。温かいブリオッシュパンの甘さ。酔わせるような蓮の花とスターアニスのアロマがノーズを支配します。ワインはじれったくなるぐらい繊細ですが、官能的な凝縮感と複雑感、そして味わい深い余韻に包まれます。

ワイナリーについて

ニュージーランド生まれのブレンダン・キースは、アルティザンなクラフトワインの造り手が集まる、今、オーストラリアのみならず世界で一番ホットな産地、南オーストラリアのバスケットレンジで、その名声の一翼を担うに値する作品を産み出しています。
NZのギズボーンでワインメーカーとしての歩みを始めたブレンダンは、カリフォルニアに移り、かつてオーパス・ワンの醸造ヘッドを務め、その後ロシアンリヴァーヴァレーに自分の名を冠したワイナリーをスタートしたポール・ホブスの元でスキルを磨きます。その後2004年にはポールに乞われアルゼンチンのヴィーニャ・コボスの設立に参加しました。
また昨年秋には、Le Grappin(Andrew Nielson)とブルゴーニュでコラボしたガメイを醸造しました。醸造に立ち会ったChanterivesの栗山さんは「Brendon のプロフェッショナルな仕事ぶりには学ぶところが大きいです。SO2を最小限に抑えても破綻の無い作りで、あの品質を保てるのですから凄いです。」と絶賛しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です