リリアンワインズ/ リリアン マルサンヌ ルーサンヌ 2011

リリアン マルサンヌ ルーサンヌ 2011
Lillian maesanne rousanne 2011

混植、混醸。12時間のスキンコンタクト。ステンレスタンクで醗酵(低温発酵16℃)。マロラクティック発酵はしておりません。フレンチオークで11ヶ月熟成。(新樽30%)週に一度のバトナージュ。清澄はベントナイト

マルサンヌ73% ルーサンヌ27%
澄み切った淡い麦わら色の外観。
熟した西洋梨のバックボーンを持つアーモンドの花の香りがします。
繊細で丸い味わい。長い余韻を楽しむことができます。

ワイナリーについて

ヴィンヤードは西オーストラリア州マーガレットリヴァーから南東に300kmほどの内陸部、ペンバートンの森の中に位置します。
ジョンは以前ルーウィンエステートの栽培責任者兼シャルドネの生産管理者をしていましたが、マーガレットリヴァーと異なる大陸性気候のためローヌ品種が植えられています。植樹は1993年より始められました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です